カメラレンズのカビは買取に響くのか

自分の中古カメラを高く売りたい場合、どうせなら一番高い店で買取って欲しいと考えてしまいます。買取店を選んで査定に出す時、カメラレンズにカビが発生していたら、買取額に関係して来るのでしょうか。カメラレンズにカビを発生させない保管方法があると聞きました。

ここでは、その保管方法や中古カメラ専門店を選ぶ訳を説明します。

カビ発生の注意点

カメラ買取王はカメラレンズも高価買取をやっています。レンズ1本からでも可能で、使わなくなった物も高価買取してくれます。カメラレンズのカビは高温多湿を好みます。その時期は梅雨前の5月から10月にかけてレンズにカビが発生し易くなります。

気温20度以上がカビが発生する条件です。湿度なら発生率が高まるのは60パーセント以上だと言われています。その為6から7月は注意が必要な時期です。カビが発生して成長するのに必要な成分は、ゴミや埃そして人間の指紋や油脂です。

この環境は部屋で生活していれば避けて通る事は出来ません。カビにとって最高なのは高温多湿やカメラレンズに含んだ油分です。カビは僅かな時間でも環境が適合すれば繁殖します。

厄介なカビの防ぎ方は保管方法の誤りとして、長い間かばんやケースに中に入れたままにしている事です。これはカメラを普段あまり使用しない人にありがちです。また風の通らないタンスや押入れ等にしまったままも注意が必要です。

更にカメラレンズ使用後に拭く事をしないで、そのまま放置しているのも保管の仕方の誤りです。カビの発生を防ぐには使用直後にクロスやブロアーでクリーニングをしましょう。そして幾ら風通しが良い場所でも、高温多湿の梅雨の季節は注意する必要があります。

防湿庫と防湿ボックス

温度が少々高くてもカビの発生は、湿度さえ低く保てば抑える事が出来ます。その為には湿度を一定に保つ事が出来る、保管庫の防湿庫が必要です。防湿庫は湿度を手軽にコントロール出来ます。かかる電気代も1ヶ月数十円程度で乾燥剤を交換する必要もありません。

是非防湿庫を設置したいのですが値段は数万円します。それより安価で防湿を手軽にするなら防湿ボックスがあります。防湿ボックスは密閉式の入れ物で、カメラやレンズを乾燥剤と一緒に入れます。防湿庫よりは安価なのですが、湿度やカメラレンズを乾燥剤を入れて防湿する為、小まめにチェックする必要があります。

注意点として乾燥剤を入れ過ぎると湿度が低くなり過ぎる事があります。防湿ボックスは効力が無くなると、買い足す面倒さがその都度ありますが、HAKUBAと言うドライボックスが人気がある様です。大きさも用途やレンズの量により選ぶ事が出来ます。

カメラの初心者にもお勧めで、価格もこの防湿ボックスだと3千円前後でとてもリーズナブルです。カビが発生すると、レンズは使えなくなるので時期に注意して保管しましょう。

富士フィルムならではの機能

カメラ買取王は富士フィルムレンズキットを高価買取してくれます。何故高価買取なのかと言うとこのレンズキットは、高級感を金属の質感が漂わせ、最高のネオクラッシックの佇まいがあるからです。小型ミラーレスカメラで、重量はおよそ693グラムでとても取り回しが良いからです。

又フィルムシュミレーションと言う機能はこのメーカーならではの機能です。色合いを変更する様な機能が各社ある中で、このメーカーの機能は特に面白く、色合いや風味がまるでアナログカメラで撮影したかの様です。他のメーカーでもRAWで撮影しフィルムを選べば、同じ様な現像が出来るかも知れませんが、この現像を出すには非常に手間がかかります。

このメーカーの良い所は完成形のフィルムを、撮影するのにJPG撮り出し出来てしまう事です。スナップをRAWで撮影し現像処理が手間だと思う人には、このメーカーはJPG出しに最適化しているのでピッタリです。

買取なら中古フィルムカメラ専門店

サンライズカメラは中古フィルムカメラ専門店です。この店は喜んで壊れたカメラやレンズを買取ってくれます。何故なら修理やオーバーホールは専門修理業者と連携しているからです。壊れていても元々カメラやレンズは価値が有るので、中古カメラ販売専門店でも高価での買取を、修理して販売する事を前提として行ってくれます。

特に写真愛好家や中古カメラ愛好家の間では古いフィルムカメラやそのレンズは、高い価値が認められている物が数多くあるからです。壊れたカメラやレンズの買取店を選ぶ時は、中古カメラの専門店に査定をして貰う事です。

理由はカメラやレンズの価値について深い知識を持っているからです。数え切れない程の種類がカメラやレンズにはあります。買取査定を細かい機種や性能の違いを見抜き、厳密に行う為にはそれなりの知識と経験が必要です。

買取価格は故障の度合いや箇所により、単に壊れていると言っても買取価格は大きく異なります。中古カメラ専門店と言っても壊れたカメラやレンズの買取に、力を入れている店とそうでは無い店とがあります。これはその中古カメラ店の経営方針の違いで、買取る品が状態の良い品中心でそれを販売する店と、状態が悪い品でも買取修理やオーバーホールして販売すると言う違いがあります。

そして買取や販売を中古のフィルムカメラに力を入れている店の場合は、壊れたカメラやレンズの買取も、専門の修理業者とのパイプがある事が多い為充実しているとも言えます。

買取先を選ぶ事と人気のカメラ

売る事を考えた時リサイクルショップや廃品回収業者等に依頼するのは、カメラやレンズについての専門知識が無い為お勧め出来ません。状態が良かったり完動品のカメラやレンズでも、この様な業者は安い値段でしか買取ってくれません。

更に壊れたカメラやレンズも買取価格が数百円単位やひどければ十円単位の、使い物にならないジャンク品としての値段しか付けてくれません。これはリサイクルショップや廃品回収業者が、中古カメラやレンズの専門家では無いので見分ける事が出来無い為、自分の所の損失を出さない様に安価でしか買取る事が出来無いからです。

壊れたカメラやレンズでも高く買取ってくれる条件は元々が高い品です。

例えばドイツのカメラで世界最高の中古フィルムカメラと言われるライカや、レトロな外観が今でも人気の高い2眼レフのローライです。そして舶来品のカメラで高額な買取価格が付くハッセルブラッドです。