カメラの買取で必要なものと査定金額を少しでも上げるコツ

新しいカメラを購入して使う機会がなくなったカメラの処分に困っている方も多いですよね。今まで愛用してきた事でそのまま捨てるのに抵抗を感じるという方の利用が増えているのが「カメラの買取」です。今回はカメラの買取方法別の特徴や査定金額を少しでも上げるコツといった需要が高い情報をまとめたので参考にしてください。

カメラの買取をしているお店と買取をしているカメラの種類

高額な商品も多いカメラを「新品ではなく中古品」で購入して購入費を抑えたいと思っている方は増えている事から中古カメラの需要は高くなっています。カメラの買取を行っている主な業者は「リサイクルショップ」ですが、ここ数年で「大手カメラ専門店」や「カメラ買取のみを行っている業者」も増えていたりと数多くの企業でカメラを買い取ってもらう事が出来ます。

一般的にカメラと言えば「デジカメ」の事をイメージする方が多いですが、デジカメの中にも「一眼レフ」や「ミラーレス」があります。それ以外にも「フィルムカメラ」を好んで愛用している方もいたりとカメラには様々な種類が存在します。

カメラの買取では「インスタント(使い捨て)カメラ」以外のカメラであれば買取をしてもらえる業者がほとんどです。人気が高かったり市場に出回っている数が少ない「魚眼レンズ」や「トイカメラ」の買取を強化している業者も珍しくないので、買い取ってもらいたいカメラがある場合は種類を気にせずまずは査定を受けてみてください。

カメラの買取方法で主流となっているのは3つ

カメラの買取方法は企業によって異なりますが、主流となっているのは「店舗買取・出張買取・宅配買取」の3つです。それぞれの異なるメリット・デメリットをしっかりと把握・比較して自分に適した買取方法を選ぶ事が重要となります。

カメラの買取を利用する時に必要なもの

買取方法を問わず、カメラの買取を利用する時には本人である事が確認出来る「身分証明書」が必要となります。顔写真付きの「運転免許証・マイナンバーカード・パスポート」があればベストですが、所持していない場合には健康保険証や住民票といった身分証明書でも対応してもらえます。

しかし、業者によっては顔写真付きではない場合は2種類の身分証明書の提示をお願いされる事もあるので注意してください。また、買取書類に捺印が必要になる場合もあるので「ハンコ」を用意しておくと良いでしょう。

カメラの店舗買取のメリット・デメリット

買い取ってもらいたいカメラを自分で店舗の買取窓口まで持って行って査定を受けるのが「店舗買取」です。買取窓口が混雑していなければ10分程度の短い時間で査定結果を知る事が出来る「スピーディーさ」がメリットとして挙げられます。

査定中は店内の商品を見て回ったり出来るので時間を潰しやすいといった意見も多くあります。また、店舗買取はリサイクルショップとカメラ専門店のどちらも行っているので自宅の近くにある店舗を見つけやすかったり、複数の店舗で査定を受けて最も高く買い取ってもらえる店舗が選べたりというメリットも得られます。

しかし、「近隣に店舗がない場合は手間がかかる」というデメリットに注意してください。3つの買取方法の中で最もメジャーで利用者が多い店舗買取ですが、近隣に店舗がない場合は車や電車を使用してわざわざ遠出をする事になります。

万が一、自宅の近くに買取をしている店舗がない場合は他の買取方法を利用した方が得られるメリットが多くなります。

カメラの出張買取のメリット・デメリット

カメラ専門店ではなく、リサイクルショップの買取方法として主流となっているのが「出張買取」です。近隣に店舗がなくても同じ地域内にあるリサイクルショップに出張買取を依頼して自宅までスタッフの方に来てもらい査定を受ける事になります。

「店舗まで行く必要がない」というメリットがありますよね。買い取って欲しいカメラが1台ではなく複数台ある場合には店舗まで持って行く手間も省けます。また、リサイクルショップでは持ち運びが面倒な大きな家電や漫画・小説といった書籍、ブランド品等のカメラ以外の不用品の買取も行っています。

引っ越しや掃除をした際に出てきた今は使わない物・自分で処分するのは面倒な物も同時に引き取ってもらえます。一方、出張買取のデメリットとして「専門店より査定金額が低くなる可能性が高い」といった点が挙げられます。

カメラ専門店では世間の需要やカメラ自体の希少性の高さ等、細かな項目で査定をしていますが、リサイクルショップでは「状態や発売された時期」といった「家電」としての査定になる事が査定金額が下がる理由です。

カメラの宅配買取のメリット・デメリット

カメラ専門店で利用者が増えているのが「宅配買取」です。出張買取のように店舗に行く必要がないだけではなく「自分の好きなタイミングで買取を利用する事が出来る」といったメリットが得られます。買取の利用は店舗への電話やホームページから簡単に済ませられます。

買取申込後はダンボールにカメラを入れて発送し、査定結果の連絡や買取金額の振込みを待つだけとなっています。カメラを発送する際に必要なダンボールや緩衝材がない場合でもほとんどの店舗では発送用キットを用意しています。

申込時に発送用キットの利用を伝えるだけで自宅に届きます。また、カメラを入れたダンボールの発送も買取業者が運送会社を手配して自宅まで集荷に来てもらえるのでわざわざコンビニや郵便局まで行く手間もかかりません。

宅配買取の利用者が増えている理由として「自宅にいながらカメラ専門店での買取が利用出来る」が挙げられます。リサイクルショップが多い出張買取とは異なり、しっかりとした査定を行い適正価格で買い取って貰える安心感は大きなメリットですよね。

しかし、便利な宅配買取にも「買取を利用したいと思った当日に利用する事が出来ない」というデメリットが存在します。宅配買取はカメラの集荷をしてから店舗に届くまで査定が受けられないといった特徴があるので「すぐに現金が欲しい」という方には適していません。

査定金額を少しでも上げるコツ

細かな査定金額は買取を申し込んだ店舗によって異なりますが、「新品に近い状態」にするだけで査定金額をアップさせる事が可能となります。査定ではカメラ本体の内部的な状態だけではなく「見た目の綺麗さ」も査定内容に含まれています。

査定を受ける前にカメラに付着した汚れを拭き取るだけでも査定金額は変わってきます。また、「付属品」も査定に大きな影響を与えます。カメラを購入した時に箱に入っていたコード類や付替えパーツ、取扱説明書も忘れず査定に出してください。

参照元⇒カメラの買取 ... カメラ高く売れるドットコム